一般歯科について

虫歯治療、詰め物、かぶせ物、ブリッジ、入れ歯、歯周治療など一般的に頻度が高い治療です。

当院ではまず患者様のお話をよく聴くことからはじめます。

診断の上、患者様が何を求めていらっしゃるのか、治療計画をよく説明し、インフォームド・コンセントを大切にして治療を開始します。

患者様お一人お一人にあった治療を進言し、選んで頂くようにしています。 遠慮なくご自身のご希望をお聴かせ下さい。

治療にあたっては問診表の他、特に全身的病歴、今までかかった内科的ご病気や現在のご体調を詳しくお聴きし、安全な歯科治療を行うようにしています。

 

歯科特有の削られる恐怖心など痛みを軽減ように十分配慮していますのでどうぞご安心ください。

つめるものやかぶせるものには、保険適応の主に金属から自費治療の白い陶材などさまざまな種類と価格がありますのでお気軽にご相談ください。

 

歯周病について

日本人の4人に3人は罹患していると言われる歯周病(以前は歯槽膿漏と呼ばれていました)は進行すると歯を支える骨が溶け、歯の土台の歯周組織が破壊され、歯を失うこともある病気です。

歯周病は虫歯と違ってサイレントな(静かなる)病気で多くの方がその怖さをご存知ない、知らず知らずのうちに進行してしまう病気です。成人の約80%以上は歯周病に感染していて、自覚症状を感じた時はすでに重度の症例もあります。最近では歯肉に異常が診られる症状は10代の半数以上と低年齢化しています。

また大切なことは、歯周病は全身にも影響します。口腔内で発生した歯周病菌毒素が歯肉の微細な血管から浸入し、心臓疾患や場合によっては流産の要因になることもあります。

したがって保存ができない抜歯適応という重度な歯周病にならない前に早めに診察を受け、軽度のうちに治療することをお勧めします。

 

90歳まで自分の歯で豊かな生活を送るには、早期発見と予防・治療が大切です