小児歯科とは

虫歯の原因菌は生まれたばかりの赤ちゃんの口にはないことが確認されています。しかし、歯が生える頃から虫歯の原因菌が親や身近な人から移り、その菌がお口のなかで定着することで発症する「感染症」と考えられています。

虫歯治療、歯肉炎を食育なども配慮し、お母さまと一緒になって健康で丈夫な身体、心をお育てするご助言を歯科医の立場から考え「支援」したいと思います。

小児の虫歯予防や虫歯治療は大切だと言えます。

 

小児患者の円滑な歯科治療を行うには患者さん、保護者、歯科医師スタッフ三者間の信頼関係が大切です。安全、安心な小児歯科医療を通じてかかりつけ歯科としてお子さんのお口の健康を担って行くようにしています。

われわれは子供さんの成長に嬉しさと喜びを感じています。

 

歯のけが

子供さんはよく転倒し、歯が折れたり、抜けたりします。できるだけ早く受診をしてください。条件が良ければ保存できるケースもあります。またくちびるや歯肉、舌の外傷もあります。

 

小帯の異常

上唇小帯、舌小帯の異常なども相談をお受けします。